fc2ブログ
2016-08-31

夏休み最後の土日

先週末の土日(27日~28日)は夏休み最後の週末。

毎年の事なのだが、娘の水泳のレースがあった。👇


今回の開催地は佐賀県。

毎回似た様なもので、応援という大義名分の下、
小旅行を兼ねた様な感じ。(笑)

大会は2日間あって、最近は初日の夜に、父兄の親睦という、これまた大義名分での飲み会があったりする。(笑)(笑)

今回、2日目が終わっても直ぐに帰らず、
佐賀県の古湯温泉に、もう一泊した。

佐賀県で、もう一泊するなら古湯温泉が良いと言ったのは私。

なぜなら、嘉瀬川でヤマメ釣りが出来るから。(爆笑)

しかし、日曜日は朝から雨。

しかも、豪雨警報が出るほど・・・ (*_*)

前の日の土曜日は、応援席に居ると倒れそうなくらい
暑かったのに、絶対に影響が残る程の雨。_| ̄|○

かくして、古湯温泉に着いて川を見ると、
増水に濁り。

温泉街のキャッチ&リリース区間は、支流から濁りが
入るものの、本流筋は上流のダムのおかげでなんとかなりそうな感じ。

翌朝の月曜日、早速川へ。

しかし、時折小雨が降るので、支流の濁りは完全にはとれず、
薄くなっただけの状態。






それでも、キャッチ&リリース区間だし、数日前に再放流したと遊漁券販売所のおじさんが言っていたので、
釣れるだろうと思っていたのだが・・・

全く釣れないどころか、チェイスも無い。

本当に魚を入れているのか?
きっと、2~3匹入れただけなんだろう!
と疑いたくなった。 ( *`ω´)
(死にかけた40㎝位のヤマメが、ふらふらと泳いでいるのは見た。)


以前ここに、1度来た事はあり、キャッチ&リリース区間では1バラシに終わり、周りの釣り人も全然釣れていなかった。
みんな、本当に魚がいるのか?と愚痴っていた。

しかし、支流ではキャッチは少なかったものの、
けっこうな回数のバイトがあって、楽しい思いをした事があった。

でも、今回支流がダメだし時間的にも厳しかった。

雨が降らなけりゃ、前の日の夕方も時間が取れたのに
悔やまれるところだ。

ここは、私が下手なのは置いておきましょう。(笑)

また、機会があれば行きましょうかね。

次は嘉瀬川の支流を希望する。 (笑)(笑)


話変わって、最近のハリネズミのベビーは随分と大きくなった。

フードを食べ始めていると思われるし、もう触っても
大丈夫だろうということで、
触れ合って見た。(=^ェ^=) 👇

ジッとしていないので、ブレブレ(;^_^A



この子はお母さんの特徴、こっちの子はお父さんの特徴と、
それぞれに特徴があって、面白い。 (^ ^)

2016-07-04

産まれました!*\(^o^)/*

6月25日、ついにハリネズミのベビーが生まれた。

24日の夜に生まれたのか、25日の昼間に生まれたのかは
判らない。(;^_^A

23日夜に、餌と水の交換をした後、クワガタ&小動物部屋には
入っていない。

本来なら、ハリネズミとフクロモモンガの餌と水をやる為、
ほぼ毎日部屋に入っている。

この週は、ペアリングの日から数えて、最も生まれてくる可能性の高い週で、♀がソワソワしていたので、
部屋に入らなかったのだ。

25日の夜に餌やりで、部屋に入ると"ピィーピィー"と
声が聞こえた。

もしや!と思い、そっと覗くと小さなハリがもぞもぞと
動いていた。

この時は、何匹産まれているか確認出来なかった。

それから1週間後の7月1日に、飼育部屋に入った時
親が餌を食べにシェルターから出ていたので、
そっと覗くと、奥に3匹の子が確認出来た。


☝️写真を撮ろうと、iPhoneを向けると目が合ったが、
威嚇されなかった。
なるべく、興奮させたくないので安心。(;^_^A
じゃぁ、写真を撮るなよっ!(笑)

生まれた時から、針はあるんです。👇


1~2周間すれば、子食いの心配は無いだろうが、
育児放棄をしないかが、心配である。
(7月5日の時点までは、お乳を飲む姿が確認出来た。)

乳離れするまで、無事育って欲しいと願うばかりである。



あと、クワネタを。

7月2日に子供の水泳のレースがあったので、応援に行った。👇


会場が福岡空港の近くだったので、応援後もう少し
足を伸ばして、ひでのぱぱさん
所に遊びに行った。

産卵木を一緒に注文してもらっていたので、それを引き取りも兼ねてである。

ひとしきり、ベラベラとクワ話しで盛り上がり、
30分くらいのつもりでいたが、気付けば2時間過ぎていた。(笑)

そして、産卵木を持って帰るはずだが、何故かオオクワの
幼虫が4頭付いていた。(笑)👇


ひでのぱぱさんありがとうございますwww m(_ _)m

また、オフ会でもしましょうね~( ^_^)/~~~

そして、ひでのぱぱさんの所からの帰りに、抜かりなく
鯰チェックに行ってます。(笑)

このところ雨がひどく、何処の水路も増水、減水が
ひどくて、どこに行ったらいいのか解らなくなっているが、
なんとか、鯰の顔は見る事は出来た。

なんとか、キャッチ出来た鯰のおかげで、どのタイミングで
どこの水路に行けばいいのか、ほんの少しだけだが見えてきた。
(見えてきたと言っても、私の行っているエリアの範囲だけだが。(;^_^A )

もう少し時期が経てば、水路の鯰が川に降りるだろう。

そうなった時の為、川の方のポイントも探しておかないといけない。

もう直ぐ、本格的な暑さがやって来るだろう。
鮎の方も、掛かるといいのだが・・・ (^_^;)

2016-03-29

ヘッジホッグその後

ペアリング後のハリネズミ(♀)は、順調に体重増加で
妊娠確実だったのだが・・・

残念な事に、産まれた子は★になっていた。_| ̄|○

産まれる前は、子食いの心配をしていたが、そのような
形跡は無かった。

育児放棄だとしても、直ぐに★にはならないだろうし、
死産なのかなと疑われる。

妊娠3週目でケージの掃除をしたのがいけなかったのかもしれない。

産まれる直前とか、生まれてからは絶対に触れないと
認識していたが、妊娠の疑いがある頃から触らない方が
いいのだろう。

しばらく時間をおいて(約3ヶ月)、もう一度挑戦してみる事にする。


悪い事もあれば良い事もあるもので、
欲しいなぁと思っていたリールが手に入った。👇

アンバサダー2600Cである。

すぐに、アベイルのスプールに交換。(^_^)v

このリールは、私の友人の弟の持っていた物。

この友人と、その弟は、以前バス釣りをやっていたが、今はやっていない。

そこで、ナマズ釣りに引き込む為に何年も放置されて
いるであろうアンバサダーリールのオーバーホールと、
ベアリングチューンをすることにした。(笑)

引き取りに行ったら、2500Cと2600Cが出てきたのだ。

そこで、もう一つの釣りトップチニングに
(トップウォーターでチヌを狙うルアーフィッシング)
引き込む為、海水でも大丈夫な私の持つタトゥーラとの
交換を提案した。


アンバサダーでも出来なくはないが、後のメンテを
怠ると、海水で腐ってしまうので
「メンテはせないけんよ。」と伝えたところ、
「俺がするわけないやん。」と思った通りの返事だった。(笑)

タトゥーラは弟の物になるが、友人がそれを借りればOKなのである。d(^_^o)

いろんな意味で丸く収まったのである。(そうなの?)


アンバサダー2500C(画像下)と2600C(画像上)👆



2016-02-16

ヘッジホッグのペアリング

週末の13日、春一番が吹きましたね。

ヤマメの解禁も、もうすぐになってきた。(*^^*)

その解禁に備えて、リール(アンバサダー2500C)の
オーバーホールしながら過ごしていた週末だった。

そう言えば、ハリネズミのペアリングが出来る頃。

産まれてから、成熟した頃が2月になるんじゃないかと、♀を頂いた方に聞いていた。

早速、ハリネズミのケージを掃除しながら、
ハンドペアリング?をやってみる。

実は、前の週末に様子見で♂と♀をお見合いさせてみた
のだが、♂は♀に"キューキュー"と鳴きながら
寄って行くのに、♀は威嚇しつつ、逃げていた。

今回はどうかなと、様子を見てみる。

相変わらず、♂はキューキューと鳴きながら♀に
寄って行く。

♀は威嚇はするものの、今回は様子が違って逃げ回らない。

餌皿を洗いに部屋を出て、戻って来ると!👇


なんと、♀の上に乗っているではないか!

♀の方が♂よりも1.7倍くらい大きいが、頑張って
♀を押さえている。



しかし、ペアリングが上手くいっているか不安はある。

そして、上手く子供が育てば里親を探さなくてはいけない。

しばらく、ヤキモキする事だろう。(;^_^A


2015-09-07

ハリネズミのお嫁さんが来た

私の会社の方が、ハリネズミのペアリングに
成功し、5匹の子供が生まれた。 d(^_^o)

ハリネズミが生まれたら、もらってくれるかと
言われていたので、勿論頂きます!2頭ね!( ̄^ ̄)ゞ
と返事をしていた。

そして、生まれて2ヶ月過ぎたので、9月4日の
仕事帰りに引き取りに行った。

8月末の頃の子供達。

この中から2頭、家に来る。(*^^*)

家に居るハリネズミは♂なので、お嫁さんとして
♀1頭は家に来る事になっている。

もう1頭は、♂のアルビノを頂いた。

連れて帰って、家のハリネズミとご対面。


この時、2頭が"キューキュー"と鳴いた。
ハリネズミって鳴くんだと知った。 !(◎_◎;)

ちなみに、名前は


なま子:♀


アルビー:♂(アルビノ)


そして、最初に家に来たハリー:♂


ちなみに、名前は娘が名付け親である。(^.^)

ハリーは白いがアルビノではない。

家に来た頃のハリー


ノーマルカラーの子達に比べると、白っぽい
感じだったが、私が見て直ぐに判る様な白さでは
なかった。
(直ぐ判る程、沢山見てきていないので、
当たり前なのだろうが・・・(笑) )

"この子は白くなるよ。"と店長さんが言っていが、
どんなところで白くなると判断出来るんだろう?

是非、知りたいものだ。 ( ̄^ ̄)

これから、ペアリング、出産と楽しみである。(*^^*)


プロフィール

黄色い鮎が好き

Author:黄色い鮎が好き
オオクワガタの飼育にはまり(2012年から)
ブログを始めたが、今や釣りの記事が逆転し
釣りブログ化してしまった。(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます。
現在の閲覧者数:
また来て下さいね。
ブロとも申請フォーム(よろしくお願いします。)

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック