2018-07-18

雷魚の聖地へ

7月14日の土曜日、鯰(ナマ)友と雷魚の聖地 佐賀へ行って来た。

佐賀へ行く事になったのは、最近のトップ鯰の釣果が
パッとしないので、クリークの沢山ある佐賀に行ってみようかとなった訳である。

2人共、佐賀のクリークで釣りをした事が無いので、
直ぐにでも魚の反応が無いと、心が折れるのは必須。(笑)
そんな訳なので、1人で行くのは厳しいねと話していた。

Google マップで見ると分かるが、クリークの数と距離がスゲー。( ゚д゚)

なんでも、総延長が1500㎞とか・・・

何処に行けばいいのか、さっぱり見当がつかない。

とりあえず、Googleマップで ここかなと思える場所を
数カ所ピックアップして、そこに行くという事にした。

そうしないと、何処も此処も良い場所に見えて、時間ばかりかかってしまいそうだから。(^^;)

と言う事で、朝一の初場所の緊張の一投目。


流石に一投目からのバイトは無かったが、良さそうな場所で、
バイトが出た。
雷魚っぽい魚だった様な・・・

さらに、流れ込みの中でバイト! そしてフッキング・・・
魚が乗った迄は良かったが、乗った瞬間ラインブレイク⤵︎
痛恨のバラシ。_| ̄|○

PEラインにキズが入っていたと思われる。

バラシた魚は雷魚だったが、今回 雷魚の聖地 佐賀クリークで
釣りをするのだから、雷魚もターゲットとしていたのだ。
釣友なんか、雷魚タックルも用意するという気合いの入れ様。

しかし、ここでめげてはいられない。

佐賀クリーク釣行は始まったばかりだ。

それにしても 広い。

途中、バスマンの方に情報を聞こうと話しかける。
バスは2匹釣ったとの事だったが、鯰の方は?と聞くと、
狙ってはいないので、困惑した様子だった。(^^;)

九州って、鯰狙いのアングラーは少ないと聞いていたが、
こんな時は、情報入手に困る。

普段は、バッティングが無いので良いのだが。(^^;)

そんなこんなで、ウロウロしていると
少し年配ののルアーマンがでっかいトップを投げているのを発見!

ぜひ、話を聞こうと車を止めて挨拶して話すと、
広すぎて何処とは説明し難いそうだ。

たしかに、同じ様な景色で こちらも聞いたところで、
判る訳はない。

ましてや、初めての地である。(笑)

ざっくりと言えば、水のある所には大体、何かしら居るとの事。

その中で、人の少ないエリアを教えてもらい、その方向へ移動する。

見た目で、判断した水路で探っていると、何者かがルアーの下で反転するのが見えた。

そうすると、数投の後 釣友が佐賀ファースト鯰をキャッチに成功!

居ると確信出来れば、モチベーションが上がり、竿を振るにも、気持ちが入る。

しばらく投げ進むと、毎投バイトのあるエリアを発見!

乗らない、バラすを繰り返し、やっとキャッチ出来た、
私の 佐賀ファースト鯰。👇


大きくは無いが、嬉しい1匹となった。

あとは、もう1種の本命 雷魚を釣りたい。


上の画像の場所は、小さいながらも雷魚の姿は数匹見えた。

そして、雷魚を掛けるも足元に近くなったところで痛恨のバラシ。

この日は、とほほな感じが多い。(^^;)

この後も、場所を変えながら様子をみるが、雷魚の姿は見るのにバイトが無い。

最後、釣友にバイトがあったが乗らずで納竿とした。

結果的は貧果に終わったが、何処にでも魚は居る様だし、
無数のポイントが有り、正に聖地だった。

今回、2人で学んだことは “聖地は聖地であって、パラダイスでは無い。” (笑)(笑)

でも、魚影の濃さと魚の溜まる場所があるのは確かだし、
何より、攻めきれない程の広大な場所は魅力であり
魚を探し出すという面白さは存分に味わえる。

大体の場所には、魚は居る様なのでなんとかなるのかもしれない。

またいつの日にか、行ってみたいと思う。
スポンサーサイト
2018-07-03

本当に久々

先週末の土曜日(6月30日)豪雨となり、結構な量の雨だった。

その日、雨雲レーダーのアプリを見ながら家にこもっていた。(^^;)

昼から雨が止みそうだったので、子供を送って行った後、
そのまま、遠賀川の支流へ様子を見に行った。

本流の遠賀川は凄い事になっていたが、
支流の笹尾川は増水しているものの、釣りは出来る状況。

この増水が、鯰・バスの好条件となっているのではと目論んでの事。

いつもの、(フロッグ)スキッピングキャスト練習ポイントで竿出し。

しばらく投げていると、時々ボイルが発生している。

上(水面)を意識しているヤツは居ると、こちらもテンションが上がる。😁

しかし、ルアーに反応しないので、シルエットを変える為、
投げていたフロッグを交換。

そして、ボイルしている場所はどんな所なのかを推測。

似た様な場所に、フロッグを投げてアクションさせると、
読み通りフロッグにバイトして来た!

が・・・

一瞬乗るもバラシ。_| ̄|○

それも、3回も!(内1回は鯰で、2回はバス)

1回はフッキングが甘かったが、2回は上手くいったと思ったんだが・・・

その後、本流の流れが速いから、本流に繋がる水路が良いのでは?と思い、ポイント移動。

この読みは当たって、バスが1回 鯰3回のバイトがあるものの、
バラシまくり⤵︎(^^;)

この後、雨 雷が酷くなったので1度家に戻る。

家で、アベマTVを観ていると(因みに釣りチャンネル( ^ω^ ) )
夕方近く雨が上がったので、昼の続きとばかりに残り2本の水路を攻めに出る。

ここでも、鯰のバイトが連発するのに、どうしても乗せる事が出来ないまま、水路のエンドまで来てしまう。

どうしたものかと思い、ふと土手の下に見える田んぼ。

この田んぼに引いている水は、今攻めた水路に繋がっている。

いつもは、この田んぼの水路はスルーしていたが、
この増水で(鯰が)入っているのでは?と思い、
ルアーをキャスト。

3回投げたところで、バイトして来た!

バラシはしたものの、居るじゃないですか!

数度のバイトがあり、やっとキャッチ出来た。(^^;)




結果的には2匹だけだったが、狭い水路の割に60(㎝)オーバーが出たのは良かった。

なにより、久しぶりに鯰の顔が見れたのは嬉しい。(^^)v

さぁ、次の週末も行ってみるか‼︎
柳の下に2匹いますかね?(笑)
2018-06-20

鯰が釣れない(;´д`)

最近、思う様にデイ鯰が上手くいかないので、
釣友とナイト鯰に行ってみようという事で、
土曜日(16日)の夕方からトップ鯰に行ってみた。

新規の場所を絡めつつ、5~6時間もやったが数バイトのみ。

2人とも、キャッチ出来ず。_| ̄|○

今からは、水門が開くタイミングがチャンスか?

それまでは、辛抱ですな。(^^;)

そんな中、鯰のベイト(カエル)を娘が持ってきた。

ちなみに、カエルの別名として、“鯰のベイト”と名ずけたのは、ナマ友。(笑)

といっても、本物ではなくオモチャ。


今話題のスクイーズというらしい。
握ったり、指で押すとグニグニ、ふわふわした感触のオモチャ。

実は、上の画像の鯰のベイト(カエル)は、カスタムしている。

オリジナルは、目が可愛くない。

こんな感じ。👇


そこで、ルアーの補修用の目を付けてみた。👇


全然違う。d(^_^o)

で、持ってる鯰のベイトを みんなカスタム。👇


信号機ですな。( ^ω^ )

しかし、何処か鯰がバホバホバイトしてくる聖地はないのかね⁈


-------------------追記-----------------

釣りの記事が多くなってきて、
ブログ名と内容が合わなくなってきているので、ブログ名を変更しました。
(クワガタの飼育を辞めた訳ではないです。)
2018-06-12

チヌは居るんだけどね⤵︎

今週は、チヌの顔は見れなかった。

いつも通りに戻ったと言えば、そうだが・・・(^^;)

干潮から満ち込みの時間帯を狙っての釣行だった。

チヌは居ない事はない。

時々姿は見える。

しかし、相変わらず姿が見えるヤツはルアーに興味を持たない。

見えない所から、呼ぶイメージで誘う感じだが、今回は風が強く
波立っていて、ルアーのアピールがあまり効かない。

それでも、1回だけはバイトがあったのだが乗らなかった。(;´д`)

底ズル引きも、海底に藻が生えてきたから、そろそろ厳しくなってきた。

場所を変えればいいのだが、ハードルアーで釣る方が面白いので、
そっちばかりになってしまう。(^^;)

そうそう、先週末に底ズル引きで無理矢理掛けた魚。👇

ちっさ‼︎(笑)
こっちで言うチンチンサイズ。

よく、口に入ったなと。

今週末に、風が無ければまた行きたいかなぁと思う。

と、思うが、そろそろ鮎も行きたいよね。(´-`).。oO
2018-06-05

柳の下にドジョウは居た!

先週末の土曜日(6月2日)午前中の空いた時間で、釣りに行った。

時期的に、チヌもトップに出る頃だろうと海(洞海湾)に行った。

チヌをルアーで狙いだした頃は、よく反応したものだが、
最近は、人のプレッシャーも多くなったせいか、厳しい状況が続いている。
(チヌは居るのだが、逃げる個体が多くなったのは確か。)

今回も、相変わらず厳しい状況だが、時々 魚は見える。

そんな見える魚の1匹が、こちらに気付く前にルアーのアプローチが出来た。

アプローチ出来ても、大体ルアーが近づくと逃げてしまうが、
今回は、デイ鯰で雷魚や鯰をサイトで狙っていて感じた事を試してみた。

要は、魚の向きに対してどの方向からアプローチすれば良いのかって事。
(いつも同じだとは限らないが。)

この個体は、ルアーに興味を示してくれてバイトの体制に入った。

ここからが本当の勝負で、見切られない様に そして食わせないといけない。

なんとか、3度のバイト後乗せる事に成功!

(ルアーはDUOのレアリスポッパー)
やりました!d(^_^o)
久しぶりのチヌの引きを堪能で来た。

そして、翌日の日曜日(6月3日)柳の下の“2匹目のドジョウ”(正確にはドジョウじゃないけどね。)を取りに出かけた。(笑)

ルアーも、新たに購入したスティーズポッパーを持っての釣行。( ^ω^ )

このスティーズポッパー、先日参加した ダイワのイベントで、
ルアーを作っている方に どんなルアーになっているのかと言う話を聞き、
これは、チヌにもいいんじゃなかろうかと思い、使ってみたくなった。

その、スティーズポッパーの最初の魚。👇

セイゴです。(^。^)

小さいながら、エラ洗いを何度もやってくれて、楽しい引きをしてくれた。


☝️スティーズポッパー丸飲み!d(^_^o)

その後、風が強くなって スティーズポッパーはちょっと
やりづらくなり、(スティーズポッパーはやや軽いし、
水面に出ている部分が多いので、風には弱い様だ。)レアリスポッパーに交換。

しばらく反応が無いので、周りの様子を見る為にルアーから
目を離した瞬間、ロッドをひったくる様なバイト!

食ってきたのはチヌ。☝️

少々小さいが、引きは強かった。

今回は、柳の下にドジョウが2匹居た様ですよ‼︎p(^_^)q

これで、意気揚々と帰る事が出来るので、
帰りがけに別のポイントをのぞいてみると、1匹のチヌの姿がある。

ここはと、スティーズポッパーにルアーを交換して、
チヌへのアプローチ開始。

このポイントの見える魚は、まず ルアーを追って来た事がない。

むしろ、逃げるのだ。

ある意味で、ルアーに反応する。(^◇^;)

しかし、今回は違ってルアーを追って来て、バイトしてきた!

ヒットしたが、思ったより大物。

ラインを持って引き上げようと思ったが、切れそうなのでちと怖い。

車を横付けしていたので、バックドアを開けてタモを用意。(笑)

そして、無事ランディングに成功。👇

スケールを忘れたのが悔やまれるが、今期最大のチヌ。d(^_^o) (45㎝はあると思う。)

スティーズポッパーが効いたのか、上手くいって面白い釣りであった。(^.^)

実は、柳の下には3匹目のドジョウが居たんだね。o(^-^)o

今回使ったルアー👇


この2つのルアーは、同じポッパーだが浮き姿勢が違う。

エアリスポッパーは立ち姿勢で浮き、スティーズポッパーは水平に浮く。

そして、どちらのポッパーもドックウォークが得意で、
アクションの際の移動距離を抑えてくれる。

今回、こだわったのは浮き姿勢。

バス用のスティーズポッパーを使ったのは、
水平に浮いてこのアクションをしてくれるポッパーが、
他に無いというか、知らないから。

(アクションはYouTubeとかにも出ているが、
実際に使ってみると、こんなに首を振るのかとか、その動かしやすさは思った以上だと思う。)

水平に浮くという事は、言い換えれば水中に入っている部分が少ない。

ルアーの存在(よくアピール出来る。)はあるが、
認識しづらいのではないだろうかと思ったからだ。

この事が当たったのかは定かではないが、
使い分けが出来ると確信はもてた。(^_^)v

この2つのポッパーは、今期のメインウエポンになりますな‼︎(^_-)


-----------余談----------

月曜日(6月4日)の仕事帰り、前日のポイントとは別だが、
同じ洞海湾で、7gのジグヘッドにワームを付けての底ズル引きをやってみた。

☝️出ました! 良いサイズでなかなかの引きだった。(^^)v

もう1匹、こんなのが。👇

柳の下にはドジョウがいっぱい居ました。(笑)

洞海湾には未だ、タケノコメバルが居たんだとその事が嬉しかった。(^ω^)

洞海湾もかつては ”死の海“となっていたが、随分と回復しているんだなといえる。
プロフィール

黄色い鮎が好き

Author:黄色い鮎が好き
オオクワガタの飼育にはまり(2012年から)
ブログを始めたが、今や釣りの記事が逆転し
釣りブログ化してしまった。(笑)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます。
現在の閲覧者数:
また来て下さいね。
ブロとも申請フォーム(よろしくお願いします。)

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック