2015-03-23

今期初ペアリング

明るい時間帯が長くなって来たのが、体感出来る
様になって来た。

私の所のクワガタを置いてある場所が18℃を
超える様になったので、クワガタ達も活動時間が
長くなってきた。
ゼリーの減りが早くなってきたが、そのせいでは無い。
減りが早くなった理由。


フクロモモンガにやる様になったから。(;^_^A

朝晩と1日2回の餌やりだが、専用フードの食いが
少し落ちてきたので、夜は"乳酸パワーゼリー"を
やっている。
おやつは食パン。(^_^)v

ゼリーの食いは凄く良くて、ケージの近くで蓋を
剥がしていると、寝床から出てきてケージの扉の前
で待っている。 (*^^*)


そんな感じで、温度も上がってきたので、オオクワ
と本土ヒラタ(私の地元産)をペアリングする事にした。

夜、本土ヒラタは合体を確認。

これはインラインである。
繋がったまま、♀が♂を引っ張っていた。(*^^*)

オオクワは、まだ確認出来てはいないが、♂が♀を
引き寄せたり、♀のお尻をさすったりしていたので、
後3~4日一緒に入れていれば、大丈夫だろう。

ミンダナオヒラタのマット組も羽化瓶へ入って
もらった。
その時の1番重い幼虫。

マットが着いているから35gってところ⁈

初めてなので、どの位の大きさのクワガタが出るのか
楽しみである。


この週末(3月21~22日)は釣りに行かなかった。
でも、こんな事をしていた。

リールのオーバーホール。

アブのアンバサダー2500CIARと5500C。

2500CIARはチューンUPもやった。 (^_^)v
軽量スプールとマグブレーキ化だ。


このリールは22年ほど前、購入した物だった。
10年前くらいに、もうこのリールは使わないからと
友人にあげていた。

その友人も、もう使っていないとの事でまた私の所に
戻ってきた。

実は、このリールのマグブレーキ化や軽量スプール
がある事は最近知った。(;^_^A

チューンすれば、軽量なルアーを投げられる様に
なるから、ヤマメで使える様になる!(はず⁈(笑))
そこで、使わないのならと譲ってもらった。(^_^)v

このリールは古い設計のリールだが、好きなリール。
でも、性能面で使わないリールだったが現役復帰
、しかも1軍となるだろう。 (≧∇≦)



早く使ってみたい! (^ω^)

今からのシーズンはクワガタと釣りと忙しくなりそうだ。
スポンサーサイト
2015-03-16

今回は反応あり

3週連続のヤマメ釣りになった。(*^^*)
川は、日田の高瀬川だが初めてのポイントから
始めた。

今まではダムより上をやっていたが、今ダム工事で
水を抜いている。
3年前だったか大水が出て、大山や高瀬、三隈川と
渓相が変わってしまう程だった。
その時の影響で、流れて来た物が詰まったのかも
しれない。

ダムの水を抜いているのなら、ダムより下にいるんじゃ
ないかと思い入ってみたのだ。

去年までは、囮屋さんが「ダムより上にヤマメを
入れているから、上でやっておいで。」
と言われて、確かに上でしか釣れた事が無かった。
(私が下で釣りきれないだけなのかもしれないが。(笑))

この、"ダムより下が良いのでは⁉︎"と言うのは
私の会社の同僚も同じ考えだった。

この日、午前中にこの同僚が入っていたので
昼頃に日田入りした私が、(昼から釣りをやるとは
のんびりしすぎ‼︎(笑))釣果を見に行った。

「どうね~?」との私の問いに、「釣れたよ~!」
とテンション上がり気味の返事。

反応は良い様子で、チェイスもあるようだ。
キープしていたヤマメとレインボー(ニジマス)を
見せてもらった。
と言うか、頂いた。(≧∇≦)
どちらも、26㎝であった。

これは期待大である。 (^_^)v

同僚が出渓した少し上流から入る事にした。

良い雰囲気の場所はあるが、出て来ない。

(ー ー;)ん~~である。

ここで出ないと、おかしいよなってポイントに
スプーン、ミノーと通すが出て来ない。

3度目にスピナーを通すと、魚影が!


アマゴ! (^_^)v

あれっ、アマゴ?

まぁ、日田漁協はヤマメもアマゴも入れてると
聞いた事あるからなぁ。←(また聞きなので、正確な情報では無いです。m(_ _)mすみません。)
高瀬川でアマゴは初めて釣った。

同じ、三隈川の支流大山川のさらに支流の赤石川
では、アマゴは多い。

大分県の地方呼びで、ヤマメの事を"エノハ"って
言うんだから、出来ればヤマメだけを入れてほしい。
アマゴも良いんだけど、エノハって地方名が
あるから、やっぱり情緒の様なものが無い気がする。
釣れてるから、贅沢は言えないけど。(;^_^A

とりあえず、ここで出渓として1本目終了。

そして、2本目は先週のリベンジでダムのインレットから。

出ましたよ~


出たのは、このポイント


そして、この画像のいちばん上のちょっと先で


先週バラしたポイントで(魚が飛び出した石は違う)
同じくスプーンで出た‼︎

今度はもっと近い足元の石からだ‼︎

60㎝程足先の石から、スプーンをピックアップしようとした時に出た。

フックアップしたものの、竿からラインが
70~80㎝位しか出ていない。 ((((;゚Д゚)))))))

なんとか、竿の柔らかさで持ち堪えていたが、
ジャンプされた時にフックアウト‼︎

腕の無さを痛感した瞬間だった。 _| ̄|○

しかも、同じポイントでだ。

ソリッドのグラスロッドだったら良かったのかも、
と思った自分にまた _| ̄|○

もっと精進せねばなるまい。 (。-_-。)

家に帰って、頂いた魚と私がキープした計4匹は
嫁さんの手で調理され、美味しく頂きました。
娘は「美味い美味い」と言いながら、ヤマメと
レインボーの2匹を食ってました。 (*^o^*)





2015-03-11

柳の下にドジョウは居ない。

暑くなったり寒くなったりと、三寒四温をもろに
感じますね。

3月14日間違い7日(土曜日)に日田の高瀬川へ2匹目のドジョウ
いや違った、ヤマメを釣りにいった。

如何にもってポイント






前の週は画像の様な場所から、何かしらの反応はあった。

今回は、何の反応も無いのだ。
魚も見えない。 (; ̄O ̄)

言い訳としては、あれですよ。( ´Д`)

水温が低い‼︎

前回、雨が降っていたのに、その時よりも低い‼︎

ポイントに向かっている時に、道路が濡れているから
嫌な感じはしていた。

上の方では多分、みぞれの様な感じで降っていたん
ではないだろうか。 (ー ー;)

夕方に、足首より少し深い、開けた場所で足元の石から
スプーンに飛び出したヤマメがいたが、
一瞬乗ってばれた。_| ̄|○


釣り仲間も同じ川にエサ釣りメイン(たまにルアー)で
入っていたが、全くダメだったそうだ。

私らしい釣果と言えば、私らしい。 (≧∇≦)

私にとってはいつもの事だが、柳の下にドジョウは
2匹居ないのだ‼︎ (-.-;)y-~~~


ちょっとクワネタを。




ミンダナオヒラタ(♀)羽化1号です。
3月6日頃に羽化した様子です。

早く掘り出して見たいので、固まるのが
待ちどうしい。(^_^)v

ミンダナオヒラタの♀は全て、蛹になっているので
次々と羽化してくるだろう。

クワガタは楽しみが待っている。 (≧∇≦)
2015-03-02

祝‼︎ ヤマメ解禁2015

3月1日、ついにヤマメ解禁の日がきた。 \(^o^)/

予報通り、雨の朝。 (~_~;)

余程の雨じゃなければ行こうと準備はしていた。

朝、天気のアプリと川の水位のページを開いた。

"日田は、昼から雨は止む。雲の切れ間はある。
水位もそこまで上がってはいない。とすると濁りが
入っても、釣りは出来る範囲だろう。"
と、行ける口実を探して家を出た。 (*^^*)

日田に入り、三隈川の様子を確認して
「よし!」p(^_^)q
濁りも増水も問題ない。

水温は下がってるだろうが、行けると確信。

直ぐにポイントへ行きたいのはちょっとガマン。

新調したタックルでのキャストの練習をしておかないと、
キャストミスでポイントを潰すのは頂けない。(~_~;)

大山川の支流、赤石川が本命だが先ずは、大山川の
いろいろなシュチュエーションでキャストの練習。

小一時間ほど投げて、(バックサイドキャスト時の
リリースポイントが難しかった。(;^_^A)
7割は思った場所にキャスト出来る様になったので、
本命ポイントへ移動。

川に降りて、"ここは!"ってポイントにキャスト。
「よし、決まった!」とリーリーング開始すると、
白くキラッとした魚影がチェイス。 !(◎_◎;)

何度かルアーを変えたりトレースコースを変えたが、
ヒットまで行かない。
"戻ってきた時に、また投げてみるか。"
と上流へ進んだ。

この先に、去年良い思いをしたポイントがある。


期待して進むも、気配無し。(ー ー;)

去年来た時と、時期も違うし水温も低い。
「まぁ、こんなもんだろう。」と先程の魚がチェイス
したポイントへ。


やりました‼︎ (*^◯^*)
何度かルアーを変え、コースを変えアクションを変えて
ヒットまで持ち込めました!

今期初のヤマメです!(^_^)v

ここで、同じ大山川の支流、高瀬川に移動。

しか~し! 一足遅し。
アングラーが準備して、入渓しようとしている!(´Д` )

時間的に、大きく移動するのは厳しい。
そこで、厚かましくも
「後から付いて行っていいですか?」と。

友達と一緒に釣る以外はまず、こんな事は普通は
しないだろう。 (笑)
攻められた後のポイントは、魚が出て来る確率が
すご~く低くなる。

しかし、全く出ない訳ではない。
昨年から感じていたが、ポイントを休めれば攻め方を
変えれば、出る時がある。
今期初のヤマメは、正にその事を証明している。

そして、やっぱり出た。
何度か、チェイスしてきた奴とヒットに持ち込んだ。

が、ネットを使えばいいのに岸に引き上げ様と
無理をして、バラした。 (ーー;)

出渓場所を探しながら川を上り、見つけた場所の
少し上った場所で出たのがこれ。

ブラウントラウトだ。

出た瞬間、「おっ!いい型。」と思って寄せると
なんか黒い。
ネットに取り込んでよく見ると(今度はちゃんとネット
を使いました。(笑))
パーマークが無い。

「これはブラウンじゃないか‼︎(;゜0゜)」
私の釣り人生、初のブラウントラウトとなった。

日田の漁協はこいつを入れてはいない。
大きくなるのが早く、ヤマメも鮎も食ってしまうからだ。

「ブラウントラウトを釣ったら、リリースせんでね。」
とオトリ屋のオヤジさんが言っていた。

鱒類は嫁さんの好きな魚だし、先程釣ったヤマメは
リリースしたので、今日の獲物とした。

持ち帰って塩焼きにしたが、非常に美味い魚であった。
でも、嫁さんも私もひとつまみしか口にしていない。
ほとんど、娘が食ってしまった。
「美味い美味い!」と言いながら。 (^_^;)


今回は、チェイスもバイトも何度かあって、久しぶりに楽しい釣行となった。

タックルの初おろしで魚が釣れたのも、私の場合珍しい。
大体、初おろしはボウズなのだが。(笑)

しかし、今のベイトリールは凄い。
渓流用のルアー(軽いルアー)が投げれるのだから。d(^_^o)

今回購入したリール "タトゥーラ" は渓流様のルアーは
不向きと思われたが、ベアリングを交換して少しでも
軽いルアーを投げれる様、カスタムしてはいたが、
ここまでとは思っていなかった。
確かに、2g以下のルアーだとストレスは出るし、
(気合でカバー出来る範囲だと思う。(笑))
スピニングリールより飛距離は落ちる。

それでも、キャストの精度とルアーが着水した瞬間
からのラインメンディングはベイトリールならではである。
とにかく、操作性は良い。(と私は思う。)

ロッドも安物の部類(シモツケさんゴメンなさい
m(_ _)m)なのに、こんなに使えるとは驚きだ‼︎

キャスト時に多少のコツはいるし、感度も良いとは
言えないが、これも慣れと気合でカバー出来る範囲。
(だと、私は思う。)
私のお気に入りのロッドになった。 d(^_^o)

今度は、もう少しキャッチの数を増やして家族みんなで、
美味しく食べたいと思う。 (^O^)





プロフィール

黄色い鮎が好き

Author:黄色い鮎が好き
オオクワガタの飼育にはまり(2012年から)
鮎の友釣りも、ルアーフィッシングも修行中!
どうなりますやら...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
リンク
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます。
現在の閲覧者数:
また来て下さいね。
ブロとも申請フォーム(よろしくお願いします。)

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-