2016-03-29

ヘッジホッグその後

ペアリング後のハリネズミ(♀)は、順調に体重増加で
妊娠確実だったのだが・・・

残念な事に、産まれた子は★になっていた。_| ̄|○

産まれる前は、子食いの心配をしていたが、そのような
形跡は無かった。

育児放棄だとしても、直ぐに★にはならないだろうし、
死産なのかなと疑われる。

妊娠3週目でケージの掃除をしたのがいけなかったのかもしれない。

産まれる直前とか、生まれてからは絶対に触れないと
認識していたが、妊娠の疑いがある頃から触らない方が
いいのだろう。

しばらく時間をおいて(約3ヶ月)、もう一度挑戦してみる事にする。


悪い事もあれば良い事もあるもので、
欲しいなぁと思っていたリールが手に入った。👇

アンバサダー2600Cである。

すぐに、アベイルのスプールに交換。(^_^)v

このリールは、私の友人の弟の持っていた物。

この友人と、その弟は、以前バス釣りをやっていたが、今はやっていない。

そこで、ナマズ釣りに引き込む為に何年も放置されて
いるであろうアンバサダーリールのオーバーホールと、
ベアリングチューンをすることにした。(笑)

引き取りに行ったら、2500Cと2600Cが出てきたのだ。

そこで、もう一つの釣りトップチニングに
(トップウォーターでチヌを狙うルアーフィッシング)
引き込む為、海水でも大丈夫な私の持つタトゥーラとの
交換を提案した。


アンバサダーでも出来なくはないが、後のメンテを
怠ると、海水で腐ってしまうので
「メンテはせないけんよ。」と伝えたところ、
「俺がするわけないやん。」と思った通りの返事だった。(笑)

タトゥーラは弟の物になるが、友人がそれを借りればOKなのである。d(^_^o)

いろんな意味で丸く収まったのである。(そうなの?)


アンバサダー2500C(画像下)と2600C(画像上)👆



スポンサーサイト
2016-03-22

西日本釣り博

3月19~20日に北九州市小倉で西日本釣り博が開催された。

2日間とも行きたいところだったが、時間が取れず無理だったので、
20日の日曜日に家族で行って来た。(^ ^)



こんなに大きなのは、九州では初めてじゃないだろうか?

出展メーカーも多いし、各メーカーのテスターも沢山来ていた。

思っていた以上に、大きなイベントなので
びっくりポン(笑)であった。

一誠のブースに行くと、村上晴彦氏の姿が見えた。

この時、嫁さんのテンションMAX‼︎(笑)

嫁さんは村上晴彦氏のファンなので、
早速サインと並んでの撮影をして頂いた。d(^_^o)

ダイワのブースでは、時間をかけてベイトリールを
触りまくって来た。(笑)👇


1度観てみたかったジャッカルのイベント用大水槽も見れた。

その水槽の中のバス。👇


ジャッカルからは、参考出品としてナマズロッドがあった。

見た目は好きな感じのロッドであった。

どんな感じのロッドなのか、使ってみたいものである。

ちなみに、写真を撮り忘れた。(;^_^A

ジャッカルの隣りにガンクラフトのブースで、
巨大なジョインテッドクローが目を引いていた。👇


最後に行き着いたブースのルアー👇




オオクワガタのルアー👆d(^_^o)

このブースは、フロッグ。

おおくわのルアーを見ていると、釣りビジョンの番組
"トップ道"でお馴染みの荒井謙太氏が、
画像の左から右にかけて進化している事を説明してくれた。

リールも説明してくれて、
もうすぐ画像のトイマシン(ベイトリール)を出す予定らしい。👇


販売用のルアーにキカイダーのカラーのルアーがあり、
キカイダーがある! ハカイダーも‼︎とか言いながら、
歳があまり変わらないんですよ~なんて話していると、
(荒井謙太氏は私より2こ上)「世代的に仮面ライダーV3
でしょう。」と出してくれた。

どれにしようか迷っていたら、「仮面ライダーV3も
ハカイダーと同じ値段でいいですよ。 今日最後だし。」
と言ってくれたので、仮面ライダーV3とハカイダーのカラー両方を購入。

サインも快く書いてくれた。👇




関東や関西でやっている、フィッシングショーより
規模の小さいものだろうが、やっぱり見る時間が足りなかった。(;^_^A

いつの日か、関東や関西のフィッシングショーを
見に行ってみたいと、ますます思った。 (^^)

2016-03-15

シブい?

3月13日(日曜日)、いつもの如く日田へヤマメ釣り。

今回は、先週見つけたポイントと、その前後の川筋を
攻めて見る。

その前に、鮎の囮屋へ今年の挨拶と鮎年券の購入に行く事にした。

ヤマメを三隅川の支流の串川にも入れていると聞いた。
今まで聞いた事が無かった。(自分が知らなかっただけかも。)

大山ダムでワカサギを釣れる様にしたから、ダムより上にヤマメを入れて無いとも聞いた。

大山ダムの上に入れて無い分を串川に入れたのだろう。

串川は次で行ってみるとして、今回は今まで攻めてなかった
高瀬川ダム下の川筋の確認をする。

しかし、途中で釣り人の姿が見えない。

三寒四温の寒い日で、昼過ぎから雨の予報もあるから
なのか?

川に足を入れていると、冷たくなってくる。

活性が落ちているかなと思われるが、
最初の淵でキャッチ。👇


が、これっきり後が続かない。

いつもの事だなと思っている貴方、その通り!( ̄^ ̄)ゞ

先週見つけたポイントも、出るには出たが食うまでは
いかない。

この日は、どうにかして出る場所もあるが、
場荒れしている感が強い。(ー ー;)

前日の土曜日に行った会社の人に聞くと、すごい人が多かったそうだ。

今回、シブいながら竿抜けがあるのは解った。

しかし、食わせる間の取り方と、海での癖なのか、
アワセがどうしても遅れてしまうのが、大きな課題。

シブいと思うのは、腕のせい? (;^_^A

次の週末は、西日本釣り博が小倉であるから、行って
みよう。


2016-03-07

祝!ヤマメ解禁‼︎

3月6日(日曜日)に大分県日田市へと、ヤマメ釣りに行った。

ヤマメは3月1日に解禁したが、自分の解禁は6日となった。

会社の同僚が、前日の土曜日に日田へ行ったので、
どんな様子だったのか聞こうと思っていたが、
何んの情報も無い方が、ワクワクするので聞かないでいた。

土曜日は非常に天気が良く、気持ち良さそうな感じだったが、
天気予報では、日曜日は曇り後雨となっていた。

天気は気になるところだが、少々の雨ならカッパを着て
でもやろうと、腹は決めていた。(*^^*)

そして、自分の好きなポイントの入渓点に車が無いので
早速車を止めた。

ちょうど、餌師の方達が出渓して来た。

この、車を止めた場所は、下流から来た時の出渓点で
ここから、上流に行く入渓点でもある。

「どうでした?」と挨拶がてら、聞き込みをする。

「ダメやね、全部こんなんよ。」と親指と人差し指で、
Lの形を出した。

「あぁ~渋いですね~。」 (;^_^A

と、あまり良くない感じでスタート。



久しぶりの渓流で、キャストが決まらなかったが、
数投して慣れて来たので、木がかぶっているピン奥に
スプーンを決める。

コンッ!と早速の当たり!d(^_^o)

が、ちっさいヤマメが跳ねてポロッと外れた。

「まぁまぁ、最初はこんなんもんよ。」
と、無理やり納得。 (笑)

2度目の当たりは、見事キャッチ。今期初のヤマメ👇


ちっさっ‼︎ (;^_^A

バイトや、チェイスはあるものの、釣れるヤマメはみんな画像の様なサイズ。 (~_~;)

一本いったところで、川を変える事にした。(赤石川から高瀬川に)

この川も、私の定番ポイントのダムのインレットから入渓。

人が入ってなければ、大体魚の姿が見れる淵からは
何の反応も見れない。

人が入って時間が経っていないのかなぁと思いつつ、
次の淵で魚影がスプーンの後ろに !(◎_◎;)

すかさず、食わせの間を与えるべく、スプーンにアクションを加える。

見事食わせれた魚。👇


気持ちよかった~ V(^_^)V

この後は、何も反応が無いまま出渓する。

この時、時計を見ると5時前だったので、帰りに三隅川の
本流で数投して帰るかと思い、高瀬川を下っていると道路下にプールとなっている場所が目についた。

いつも、目についてはいたが、竿を出した事は無かった。

しかし、何故か気になり竿を出してみた。

2~3投しても反応が無かったが、次のキャストで
チェイスがあった。

しかし、もう2~3投すると反応がなくなった。

ルアーを変えると、反応があるがバイトまでいかない。

そこで、アクションを変えると コンッ!ときた。

すかさず、フッキングして無事キャッチまで出来たが・・・

写真を撮る前に、魚体を洗っていると魚が暴れ出して、
ポロッと手から抜けていってしまった。

とほほな状態である。(; ̄ェ ̄)

上の画像の魚と同じくらい大きさだったので、残念であったが
また次があるさと、この日は納竿した。

そうそう、釣行前に間に合ったリールのカスタムパーツ👇


このパーツが軽量化された恩恵は、直ぐに実感出来た。

キャストした時の伸びと、初速を維持する時間が長い
様に感じた。

私にとって、ピン打ちが決めやすくなった。
と言う事は魚に近づいたのか⁈

良いリールに仕上がったのは言うまでもない。d(^_^o)

お気に入りの道具で、渓魚に会に行くのは大人な釣りが
できる様になったのかな?(笑)

新しいポイントも見つけたし、次のヤマメ釣行が楽しみである。 (*^^*)





プロフィール

黄色い鮎が好き

Author:黄色い鮎が好き
オオクワガタの飼育にはまり(2012年から)
鮎の友釣りも、ルアーフィッシングも修行中!
どうなりますやら...

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新記事
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとうございます。
現在の閲覧者数:
また来て下さいね。
ブロとも申請フォーム(よろしくお願いします。)

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック